Rss

団地内での子供の遊び方

悩みのない生活ができれば、毎日楽しく過ごすことが出来ます。

私を悩ませていた日常の悩みは、団地内での子供の遊び方です。

私が住む団地のすぐ近くには大きな公園がありますが、子供たちはなぜかその公園で遊ぶのではなく、自宅の前で遊んでいるのです。

縄跳びをする程度であればまだいいですが、中にはボールを蹴ったり野球をしてバッドでボールを打つような子どももいて無法地帯と化していました。

そんなことをしていればボールはどこに飛ぶかわかりません。

車に当たるのは日常茶飯事で、庭に入ってこられるのも日常生活の中では当たり前のことになっていたのです。

長期休みになれば朝から晩まで家の前で大騒ぎをされていましたので、ノイローゼになるかと思ったほどです。

注意をしたいのはやまやまでしたが、我が家にも小さな子供がいましたので、今後どんなことをするかわかりません。

お互いさまと割り切るようにし乗り切ろうと思いましたが、イライラから夜も眠れないほどです。

一生付き合うことになるご近所ですのでトラブルを避けたいと思い何年も我慢しましたが、我が子には小さなころから道路では遊ばないように教育をし、公園に行くように教えたことによって、我が子は道路では今でも遊んでいません。

Comments are closed.